ホレンコの友 2023年2月号

             「苦難のなかでも」

                  日本基督教団札幌中央教会 牧師 岸 敬雄

マタイによる福音書14章27節
   イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」 

    (日本聖書協会 新共同訳)

 

嵐の中で弟子たちは生死の間際でぎりぎりの状態になっていたのでしょう。そのような中で自分たちの師が身近に近づいて来たのです。
しかし、ここは嵐が吹き荒れる湖の上なのです。舟にも乗らずに古城を歩いているお姿を見た弟子たちが幽霊だと思っても不思議では無いのでしょう。
その様なパニックになっている弟子たちに対して、イエス様は「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」と話しかけられたのです。
イエス様の方から語り掛けて下さったのです。私たちがパニックになっている時も、認識を間違っている時もイエス様は私たちに声をかけてくださるのです。
さらに言えば、波を恐れておぼれかけたペトロに対して、イエス様の方から手を差し伸べて下さり、荒波から引き上げて下さったのです。
私たちに対しても、イエス様は声をかけ、手を差し伸べていてくださるのではないでしょうか。
2月は一年で一番寒い時期だと言われますが、北海道に来させて頂いて5年を過ごさせて頂きましたが、私の居る札幌の中央区では、寒さに中にも日差しの温かさが感じられる日があり、春があと少しでそこまで来ている。必ず訪れることを知らせてくれているような気がしたことが複数回ありました。
現在コロナ禍などで、苦難の中にあるとしても、どの様な苦難の中にあるとしてもイエス様は私たちを見捨てることなく、そしてイエス様の方から「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」と告げて下さり手を差し伸べて下さっているのです。
冬の寒さ厳しさがあるからこそ、木や草が芽吹く春の温かさ、嬉しさもひとしおなのではないでしょうか。
まだ、厳しい冬ではありますが、冬の雪が足りなければ夏に水が不足する事もあります。冬の厳しい中でも、そこから冬期のレジャー産業が生まれたりもします。
どんなに厳しいと思われる中においても、確かに神様は私たちに手を差し伸べていてくださっていたのです。私たちは厳しい冬を耐えしのぎ春の喜びを知る様に、現在苦難に遭遇しているとしても神様は私たちに救いの手を差し伸べていてくださることを信じて、主による喜びの中で日々歩んでいきたいと望むのです。

 

これまでの巻頭言

2023年巻頭言
2022年巻頭言
2021年巻頭言
2020年巻頭言
2019年巻頭言
2018年巻頭言
2017年巻頭言
2016年巻頭言
2015年巻頭言
2014年巻頭言
2013年巻頭言
2012年巻頭言