ホレンコの友 2021年4号

                「黙想:水のほとりに植えられた木」

     ホレンコの友 2021年4月号    「殻が砕けてから」

                日本バプテスト同盟:札幌北野キリスト教会牧師 岡口 学

 落語/講談に「鼓ヶ滝」というお話があります。
 歌人として名の知られる西行が、摂津の鼓ヶ滝(現在の兵庫県川西市)を訪れた時のこと。老夫婦と孫娘が住む家で、もてなしを受けた西行は、求められるままに鼓ヶ滝の歌を披露します。ところが自信のあった歌を、自分の作ったものよりも良い形に直され、自信を失います。すると一陣の風が吹きます。気がつけば、民家はどこにもなく、そこは鼓ヶ滝の前でした。神さまが自分の傲りを戒めに現れたものと思い、心を入れ替えた西行は、のちに日本一に相応しい歌人となりました。というお話です。
 しかし自分の才能を誇りとし、他者を自分より劣ったものと侮る人が、一瞬にして自分の傲りから自由になるものでしょうか。侮っていた相手に自分より優れた才能を見せつけられた屈辱、自信のある仕事が自分で思っていたほどの価値はなかったと理解した時の悔しさ、事実を素直に受け入れられない心の葛藤は瞬間的に終わるようなものではなく、むしろ長く本人を悩ませたのではないでしょうか。
 イースターの卵は、死を打ち破るイエス様の、そしてこの世界に与えられている復活の恵みの象徴とされてきました。しかし、復活されたイエス様と出会い、新しい命に生きる人は一日にして完成するものではないと聖書は教えています。
 わたしは、キリストとその復活の力とを知り、その苦しみにあずかって、その死の姿にあやかりながら、何とかして死者の中からの復活に達したいのです。(フィリピ3:10−11)  わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。(コリント第二3:18)
 実際に卵から出てくる新しい命は、始めは傷つきやすい小さな存在です。従ってイースターの卵は、ひよこが成長して鶏になるように、殻が砕かれた人が復活のイエス様のお姿に近づいていく成長の恵みの象徴でもあるのかも知れません。
 挫折や失望や、罪深さを自覚し砕かれることは、悩みの日々でもあるでしょう。しかしその悩みは、人を傲りから解き放つため、神様が与えて下さった成長痛なのかも知れません。打ち砕かれることは、新しい命が始まった喜びであると同時に、大きく成長するための新たな冒険の始まりでもあるのでしょう。死の殻を砕き復活された命の神、イエス様は、私たちの殻を砕き、新しい命の中で成長させて下さる方です。

 

これまでの巻頭言

2021年巻頭言

2020年巻頭言

2019年巻頭言
2018年巻頭言
2017年巻頭言
2016年巻頭言
2015年巻頭言
2014年巻頭言
2013年巻頭言
2012年巻頭言
2011年巻頭言