ホレンコの友 2020年2月号

                      「転んでも」

                     日本キリスト教団 十二使徒教会牧師 坐間 豊

転びました。ツルッ。新年早々。町内の人に見られていたので、クルリン。こまねずみののように鮮やかにお見せしました。(拍手!) 
人生ままならないことがあります。悩みも尽きません。避けられないとしたら、せめてそんなときにもジタバタしないで、できればさわやかにやり抜ければなあ。
聖書に登場するパウロという人は、当時、会ったことのある人にこう言われています:「会ってみると、聞いていたのとは違って、弱々しく、話しもつまらない」。パウロには、予想外の評価だったでしょう。低く見られたというよりも、彼が伝えたかったのは神様のお言葉です。自分のことはどうでもよかったのです。だから、自分の務めを精一杯果たせばあとは神様にお委ねして平安です。それでパウロはあらぬ中傷など気にせず、「主のみを誇り、栄光を神様にのみ帰す」のでした。
さわやかです。カッコいいです。ほれぼれ。 教会のいいところはこれ。辛く苦しいことや思いどおりでないことがあったり、なんで私だけがこんな目に遭うの?と思えたりするときに、それでもうちひしがれず、前向きに歩んでいく人を見られます。その人には神様への思いがいっぱいです。信頼、安心、平安。身を任せる姿に余裕さえ。ぐちや不平でなく、賛美や感謝が口からあふれます。
思えば、これまでどれだけ転んで来たか。歩行転倒だけでなく、やり直そうと心に決めながらも、実行できずに転んだことの数々。教会に初めて行ったときも、途中まで行きながら、「止めた。次にしよう」という転び。そんな繰り返しをして、ある時ハッと気付かされた:「結局、いつもそうやって、『またにしよう』だ。『次』なんて絶対こないまま一生終わるんだね。」
そこで、勇気を出して、教会に足を運ぶ人たちの群にわが身を委ねました。自然に教会
へ入りました。自然にみ言葉を聞きました。自然に賛美を合わせました。自然にお祈りに加わりました。自分の中で引っかかっていた何かが外れました。
もっと早くイエス様を知っていたらとも思いますが、「キリストが今、私の内に生きておられる」とたしかに信じ、喜べるので感謝がすべてに先立ちます。
転びそうになっても、イエス様が共にいて私を生かして下さるので心配していません。たとえ転んでも、堂々とイエス様を指し示し、すべてを最善へと導いて下さる神様の恵みに感謝します。そんな生き方になるのです。
「生きているのは、もはや私ではありません。キリストが私の内に生きておられるのです。」
(新約・ガラテヤの信徒への手紙2章20節)                  

 

これまでの巻頭言

2020年巻頭言

2019年巻頭言
2018年巻頭言
2017年巻頭言
2016年巻頭言
2015年巻頭言
2014年巻頭言
2013年巻頭言
2012年巻頭言
2011年巻頭言