ホレンコの友 2024年3月号

                   「これでいい。… 立て、行こう。」

                    (マルコによる福音書14章41〜42節)
                             日本キリスト教団栗山教会牧師 森 宏士

 

 復活祭(イースター)前の「受難節(レント)」の時節に、よく思い出す事があります。

 学生時代、いくつかのきっかけからキリスト教に関心を持ち、聖書や入門書等々を自分なりに随分と読んであれこれ考えこんだつもりで約2年、ようやく、おどおどと教会を訪ねました。1回目の礼拝、すべてにひたすら緊張と疑問でした。2回目の礼拝、説教に完全熟睡…でした。「自分の求める心はこの程度か」、「結局は人の言うひと時の青春の病か」などとガッカリでした。(緊張の糸が何か解けたのかも、ですが)

 十字架刑が近づくイエスの、弟子達との最期の祈りの場面、繰返し眠ってしまう弟子達へのイエスの言葉、「わずかひと時も目を覚ましていられなかったか。心は燃えても、肉体は弱い」(37-38節)が思い出されました。まさか肉体を鍛えよと??でした。

 けれどイエスが弟子達を叱りつけているようにも感じられませんでした。
イエスはひどく恐れてもだえて、「私は死ぬばかりに悲しい」と呻いています。「出来るならこの苦しみの時が過ぎ去るように」と(不可避と知りつつも)懸命に祈り、「しかし御心が行われますように」と苦悩しています。痛ましく余りに切なく、弟子達にも、イエス自身にも、救いがないではないか…と、どんどん迷宮でした。
ところが、この救いのなさこそが、福音書が現している「肉体をもつ生身の人間の弱さ・悲しさ・暗さ」、主イエスがご自身のすべてをささげて引き受けて・担ってくださっているものだったのでした。

 イエスは、起こしてもいさめても、繰り返し眠ってしまう弟子たちに、三度目に言われます。「これでいい。時が来た。… 立て。行こう。」諦められてしまったのではないようです。本当にすべてを受け止めて下さったということです。だから、「立て。(一緒に・最期迄)行こう」だったのです。
この直後に、逮捕されてゆくイエスを見捨てて逃げてしまう弟子たちに対して、それを承知での呼びかけです。するとイエスからの、「私は立ち上がることになる(復活)。私はあなたがたと共に在る、必ずあなたがたを伴って、共に行く」との、更なる約束が込められて聞こえてくるのです。

 そうして、十字架を通して破れと失意に覆われた弟子達や人々が、小さくても、弱くても、助けと希望と慰めをいただきつつ、新しい歩みと教会が生まれ続けてきたのでした。主の顧みと慰めと導きが注がれ続けていることを信じ、心から祈ります。





これまでの巻頭言

2024年巻頭言
2023年巻頭言
2022年巻頭言
2021年巻頭言
2020年巻頭言
2019年巻頭言
2018年巻頭言
2017年巻頭言
2016年巻頭言
2015年巻頭言
2014年巻頭言
2013年巻頭言
2012年巻頭言