ホレンコの友 2018年10月号
                  
  

    「サルにもらったキャラメル」
       

                                基督兄弟団 旭川栄光教会牧師 笹川洋史

あなたは見ておられました。労苦と苦痛をじっと見つめておられました。それを御手の中に収めるために。不幸な人はあなたに身をゆだねます。詩篇10:14

9月6日に、北海道胆振東部地震が起きて、北海道中が停電してしまう非常事態になりました。大きな被害もありました。今も困難を覚えておられる方々のために、お祈りさせていただきます。

違いがわかるチンパンジー
元上野動物園の園長の中川志郎さんが、駆け出しの飼育係だった時の話です。
戦後まもなくの上野動物園では、チンパンジーのスージーが人気者でした。スージーは、舞台に出る途中に10円をもらい、売店に行って、10円を差し出し、キャラメルをせがむようになりました。そのキャラメルは、自分のものであることを主張して、他人にはなかなかくれなかったそうです。
飼育係が、どんなお世辞を使っても、たちまち見抜かれてしまうのです。ところが、就職して2年目、しかもまだ臨時職員の中川さんに、スージーがキャラメルを渡しました。
当時の中川さんは、動物園の中の独身寮に住んでいて、身軽に、毎晩のようにスージーを訪問し、時間を過ごしていました。チンパンジーは、本来群れで生活しています。単独で生活するのには、精神的につらいものがあるだろうと思っての訪問でした。この通い続けたことの評価が、このキャラメルでした。
チンパンジーなのに、よくぞしっかり違いを見ていたものだ、と言いたくなるような心温まるエピソードです。

すべてがわかっている神
「あなたは見ておられました」とあります。私たちのすべてをしっかり見ていてくださるのが、聖書の神です。
人間が見逃してしまうことがあっても、神が見逃すことはありません。人には、誤解されるようなことがあっても、神は、表面に見えることだけではなく、その心の動機までも見てくださり、わかってくださいます。ですから、その神に安心して、「労苦と苦痛」を訴えることができるのです。

わかっていない自分自身のために
自分のことが、よくわかっていないのが、人間です。思うように進まない時、力のない自分を知って失望してしまいます。「御手の中に収める」神が、その弱さを受け止めてくださいます。スージーのキャラメルではありませんが、神が知ってくださったならば、すばらしい神の助けが与えられます。それは、大きな励ましです。
本当に心配し、愛し、ふさわしい助けを与えようとしてくださっている神がおられます。このお方に、自分自身をゆだねて、安心して、今日も歩んでいきましょう。



 

これまでの巻頭言
2018年巻頭言
2017年巻頭言
2016年巻頭言
2015年巻頭言
2014年巻頭言
2013年巻頭言
2012年巻頭言
2011年巻頭言