ホレンコの友 2019年2月号

                 「わたしに何をしてほしいのか」
             『イエスは彼に言われた。「わたしに何をしてほしいのですか。」すると、
                  その目の見えない人は言った。「先生、目が見えるようにしてください。」』 (マルコ:10:51)


            福音バプテスト宣教団:北広島チャペルキリスト教会 木村恵一

 私の知り合いに、カブトムシ数十匹を幾つもの籠に分けて自分の部屋で飼って繁殖させている人がおります。 彼はそのカブトムシのために四六時中室内温度にも照明にも気を付け、餌はもちろんのこと、籠の中の状況にも気を使い、それこそ至れり尽くせりでカブトムシ達を育てているのです。それで商売をするためでもなく、ただ彼はカブトムシを愛しているのです。
彼からそのように手厚い保護と養育を受けているそのカブトムシ達は、多分彼に意識もせず感謝もしていないと思いますが、彼はそんなことはおかまいなく、いつも籠の中の彼らを覗き込んで「わたしに何をしてほしいのか?」と問いかけつつ、彼らの願いを先回りまでしつつ、自分の時間と労力までも犠牲としながら、彼らの必要を満たしてあげているわけです。
 彼のカブトムシへの姿は、救い主なるイエス様の姿とダブります。イエス様は人の必要を見て取られ、「わたしに何をしてほしいのですか。」と言われ、その人の必要を与えられました。数多くの神々がいるとするこの世において、神の方から人に近づき、人の必要を尋ねそれを満たしてくださる神は、このイエス様の他にはおられないでしょう。しかも計り知れない犠牲(受肉と十字架)を払われて私達を良きに計らい、救いの恵みにいつも私達を潤し満たす御方であります。
 この御方が、今日も私達に「わたしに何をしてほしいのか?」と尋ねてくださるのです。それは、ラジオを通しても成されています。日常に追われ、自分の必要を覚えながらも中々それを満たすことのできない私達に、そこにいながらにして電波を通して、この天地万物を創造された神様が尋ねてくださるのです。ホレンコのラジオ放送は神様がそのために用いておられるものです。
 「わたしに何をしてほしいのか?」と本来自分に尋ねてくれる人など私達にはいるでしょうか?この神なるイエス様は、確実に私達にそうお尋ねくださるのです。ですから、私達もあの目の見えない人のように大胆に必要をお伝えしましょう。私達を愛してやまない神様は、必ず私達の必要にお応えくださるからです。

これまでの巻頭言

2019年巻頭言
2018年巻頭言
2017年巻頭言
2016年巻頭言
2015年巻頭言
2014年巻頭言
2013年巻頭言
2012年巻頭言
2011年巻頭言