ホレンコの友 2021年9月号


               「ホレンコのはたらき」
                            日本キリスト教団 小栗昭夫

 「君は君 我は我なり されど仲良き」
 武者小路実篤のこの名言に大いに感動したのは十代の半ばでした。当時は、一年間に
100冊の文学書を読もうと、手当たり次第に文庫本を読み漁っていた時期でした。なぜ、文庫本を、というと、その方が間違いなく目標を達成できそうだ、との打算からでしたが、これには別の理由がありました。
ひとつは、第二反抗期に入り、親兄弟と顔を合わせて口喧嘩ばかりすることが馬鹿らしくなり、なるべく一人で時間を過ごしたくなったこと。
 もう一つは、不安定な自分の情緒を少しでも落ち着かせるために、自分の知らない世界を書物の中で遍歴してみたかったことでした。つまり、自分のアイデンティティーを探し求めた時期でもあったのだと思います。
 まさにそんな時期に、ラジオ深夜放送を聞き流しながら読書をしていたら、心静まる音楽が流れてきました。それは賛美歌でした。心に沁み入る、穏やかな、心の安らぐ曲であった事を覚えていますが、何番の曲であったかは全く思い出すことはできません。
しかし、その時期を境に、私の読書内容がすっかり変化しました。それまでの場当たり的な書籍選びから、キリスト教的な色彩のある西洋の小説を好んで読むようになり、合わせて聖書通信講座にも申し込んでキリスト教についての学びを始めました。当初は、添削されて戻って来るレポートには「頭ではなく、心で聖書を読んでみましょう」とのアドバイスが多かったように記憶しています。さらに、講座事務局からの紹介で徒歩10分ほどの場所にあった「霊南坂教会」を紹介されました。ここで飯 清牧師より洗礼を受けました。元北光教会におられた岸本和世牧師が伝道師のころでした。あれから、早60年の歳月が流れました。
先日、"そろそろ本気で断捨離を"と何度目かの思いを持って、耐え難きを耐えつつまずは古い書物の整理をしていたら、十代のアルバム集の中に、冒頭の武者小路実篤の言葉が書かれた色紙が出てきました。手に取って色々と思いをめぐらしていると、ふと、ホレンコの存在理由に行き着く言葉であることに思いが至りました。
 ホレンコはおよそ20の教派教団から推薦されてきた幹事の皆さんが、その神学的立場や強調点の相違にも拘わらず、それぞれのアイデンティティーをしっかりと保ちつつ、なお一つになって、イエス・キリストの御名を世に伝えるために活動している北海道唯一の超教派的宣教団体です。これまでも財政的な困難さを担いつつも、全道の皆さんの温かいお支えによって、その働きを推進させて頂くことができました。これから先も主の恵みの中で福音を世に広げる働きを進めて行くことができますように、と心から祈りを捧げるひとときとなったのでした。 (ホレンコ幹事長)

これまでの巻頭言

2021年巻頭言

2020年巻頭言

2019年巻頭言

2018年巻頭言
2017年巻頭言
2016年巻頭言
2015年巻頭言
2014年巻頭言
2013年巻頭言
2012年巻頭言