ホレンコの友2024年5月号      「春の到来は、神のわざ」
   

  ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。 この里にも山鳩の声が聞こえる。(雅歌2章11〜12節)

                  三浦綾子記念文学館 事務局長 難波真実

 北海道の5月は、ありとあらゆる生命の力が萌え出てほとばしる、まさに春ですね。長い冬を乗り越えてやっとつかんだ希望の光、それぐらいに思える、嬉しい季節ではないでしょうか。私など、「このままずっと5月が続けばいいのに……」と無茶な願望を抱いてしまうほどです。
 しかし今から98年前の1926年、春らんまんの5月24日。十勝岳が大噴火して泥流が麓に押し寄せ、大惨事となりました。フラヌイの原野を耕して田畑にすること30年。貧しいながらも暮らしがようやく安定してきた頃に襲った災害は、上富良野の人々に大きなダメージを与えました。わずか一瞬で、大切な人を失い、家屋も田畑も失い、絶望のどん底に叩き落された人々の、「真面目に一所懸命に生きてきたのに、なぜこんな目に遭うのか」というやり場のない怒りと嘆きは、百年経った現在の私たちでもかける言葉がないぐらい、身につまされます。今年の元旦は能登の地震災害があり、つい先日も台湾で災害がありました。これまでの大災害の例を挙げるまでもなく、いつどこで何が起こってもおかしくないのだと、あらためて思わされる今日この頃です。
 作家の三浦綾子は、泥流災害からの復興に尽力する上富良野の人々の姿を、旧約聖書のヨブ記を織り交ぜながら、『泥流地帯』『続泥流地帯』という小説に描きました。「なぜこんな目に遭うのか」という大きな問いに、私たち人間は答える術(すべ)を持ち合わせてはいません。この災害に限らず、因果応報で片付けることのできない人生とその凄まじいほどの困難にどう向き合うのか、それは人生を与えられた私たち一人ひとりが見出していくしかないのだと私は思います。
 けれど三浦綾子は、長い冬を乗り越えて春を迎える北海道の人々の生き方を、天の国を目指して地上の生涯を歩む信仰者の姿に重ねました。厳しい冬だからこそ、春が来るのをじっと待ち望む。春の到来こそ、神のわざであると謳(うた)った三浦綾子作品の主題を、5月が訪れるたびに私はじっと思い返すのです。


ホレンコの友2024年4月号         「福音は春風の中から 」

                  日本バプテスト連盟佐賀基督教会牧師 奥村敏夫

 新しい年度を迎えました。人生の新しい出発を経験されている方々もおられることでしょう。
 実は私もすでに75歳になりますが、この4月から佐賀市にある教会に転任することになり、その準備のために慌ただしく日々を過ごしています。(これをお読みになるころは緊張と不安の中で現場で働き始めていることでしょう)釧路での約10年の働きの中で、「ここが53年間の最後の働き場になるだろう」と数か月前までは自他ともに思っていました。しかしまったく突然に切実な招聘状が届き、祈りの中で神様から"行け"と示された思いで赴くことになりました。今までも意外な出会いや思わぬ展開の中で、聖書に聴きながら道をたどってきましたが、後悔したことがありません。もちろん失敗や間違いは重ねてきましたが、神様の声を聴きながら大切な決断をしてきたことは幸いでした。
 関西で牧師として働いていた時に、丁度「ホレンコ」のような福音放送がラジオ関西で流され聴いていたのですが、いつしか神戸のスタジオに行って録音する側になったのです。いろいろな反応や応答の手紙が寄せられて嬉しかったことを思い出します。 約20年ほど前に札幌の教会に赴任して間もなく、ホレンコの方からの依頼があり、ご奉仕させていただきました。
 メッセンジャーとしての唯一の願いは、リスナーの方々が、悩みの中にあったり、あるいは新しく人生をやり直したい、また充実した生き方をしたいと思われた時に、『聖書』を読むきっかけとなり、新しく生き直すきっかけになればということです。
 放送で語られたことが何ほどかあなたの琴線に触れて、もう少し知りたい、確かめたいと思われたら是非実際に"永遠のバストセラー"聖書を読んでみてください。そしてできることならば近くの教会に足を運んでいただきたいと願っています。きっと新しいチャート、つまり神との対話の中で、新しい自分と出会われることでしょう。
 この3年ほどはご存じのようにコロナが猛威を振るい、教会の半分以上の方々が感染を恐れて礼拝出席を見合わせて自宅に留まっていました。やむなく釧路の小さな教会でも手探りのうちにYOUTUBEの同時配信を続けました。すると驚いたことに、半年ほどすると新来者が増え、もっと驚いたことにそのうち6人ほどの方々がいきなり「クリスチャンになりたい」と申し出られたのです。聞いてみるとアーカイブをほぼ毎週聞いていて興味を持ち、信仰を持ちたいと思ったとのことです。ラジオを通して新しい歩みが出来ればいいですね!

ホレンコの友2024年3月号 

               「これでいい。… 立て、行こう。」
            (マルコによる福音書14章41〜42節)
                      日本キリスト教団栗山教会牧師 森 宏士

 復活祭(イースター)前の「受難節(レント)」の時節に、よく思い出す事があります。

 学生時代、いくつかのきっかけからキリスト教に関心を持ち、聖書や入門書等々を自分なりに随分と読んであれこれ考えこんだつもりで約2年、ようやく、おどおどと教会を訪ねました。1回目の礼拝、すべてにひたすら緊張と疑問でした。2回目の礼拝、説教に完全熟睡…でした。「自分の求める心はこの程度か」、「結局は人の言うひと時の青春の病か」などとガッカリでした。(緊張の糸が何か解けたのかも、ですが)

 十字架刑が近づくイエスの、弟子達との最期の祈りの場面、繰返し眠ってしまう弟子達へのイエスの言葉、「わずかひと時も目を覚ましていられなかったか。心は燃えても、肉体は弱い」(37-38節)が思い出されました。まさか肉体を鍛えよと??でした。

 けれどイエスが弟子達を叱りつけているようにも感じられませんでした。
イエスはひどく恐れてもだえて、「私は死ぬばかりに悲しい」と呻いています。「出来るならこの苦しみの時が過ぎ去るように」と(不可避と知りつつも)懸命に祈り、「しかし御心が行われますように」と苦悩しています。痛ましく余りに切なく、弟子達にも、イエス自身にも、救いがないではないか…と、どんどん迷宮でした。
ところが、この救いのなさこそが、福音書が現している「肉体をもつ生身の人間の弱さ・悲しさ・暗さ」、主イエスがご自身のすべてをささげて引き受けて・担ってくださっているものだったのでした。

 イエスは、起こしてもいさめても、繰り返し眠ってしまう弟子たちに、三度目に言われます。「これでいい。時が来た。… 立て。行こう。」諦められてしまったのではないようです。本当にすべてを受け止めて下さったということです。だから、「立て。(一緒に・最期迄)行こう」だったのです。
この直後に、逮捕されてゆくイエスを見捨てて逃げてしまう弟子たちに対して、それを承知での呼びかけです。するとイエスからの、「私は立ち上がることになる(復活)。私はあなたがたと共に在る、必ずあなたがたを伴って、共に行く」との、更なる約束が込められて聞こえてくるのです。

 そうして、十字架を通して破れと失意に覆われた弟子達や人々が、小さくても、弱くても、助けと希望と慰めをいただきつつ、新しい歩みと教会が生まれ続けてきたのでした。主の顧みと慰めと導きが注がれ続けていることを信じ、心から祈ります。


ホレンコの友2024年2月号    「神との平和、神にある平安を」

                       キリスト兄弟団 美幌教会牧師 菅原秀子

 私たちの教会では、2019年に新会堂建築を行い、翌年から花壇作りを始め、昨年は小ぶりのクロフネツツジやエゾイソツツジなどの花木を植えました。その年の秋、植えた花木をふと見ますと、枝につぼみが芽生えていました。秋の時点で、来春の花を咲かせる準備がすでに始まっている事に少なからず感動を覚えました。それと同時に、これからいよいよ北海道の冬が来ようとしており、マイナス20度近くの寒さや、時には大雪、吹雪もあることですが、この芽吹いた新芽はその厳しさに耐え得るように造られていることを改めて教えられます。
 神様の創造の業のすばらしさに感動している時、マタイ6章30節のみことばが思い出されました。
 「今日あっても明日は炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこのように装ってくださるのなら、あなたがたには、もっと良くしてくださらないでしょうか。信仰の薄い人たちよ。」そして続く「まず神の国と神の義を求めなさい。」
とのみことばが心に響いて来たことです。
 私は20代の頃、イスラエルのキブツのボランティアに2度、行く機会がありました。私が行ったマーニットキブツには、そのキブツの成り立ちを記録している記念館があり、開拓当時の古い写真が沢山、展示されていました。何もない地を開墾し、最初に建てられた木造の小屋の写真があり、その小屋は私達が訪問した際も現存しており、そのキブツのシンボルのような存在でした。けれども写真の小屋と現存の小屋には、明らかな違いがありました。それは小屋の周りの風景です。
 開拓当時の写真は小屋しか写っていませんが、現在は小屋のすぐ横に見上げるくらいの立派な木が立っており、私たちが日曜ごとに礼拝をささげた場所には、野生のシクラメン(かわいらしいサイズです)が、一面に生い茂っていました。開拓当時は、想像を超えた労働を強いた事と思いますが、今、その地に木々や花々、さらにバナナやアボカドなど作物が豊かに実る地になっていました。
 あれから30数年経ち、今、イスラエルとパレスチナの間に争いが起っています。
この文章が載る頃には、止んでいることを願いますが、昨年のアドベントでは、平和の君なるイエス・キリストはベツレヘムでお生まれ下さったことを改めて覚えました。そのベツレヘムは、現在パレスチナ自治地区の中にありますが、一日も早く、双方の上に、まず神との平和が成されますように、そして一人一人の心の中に、神にあるシャロームが満たされますように。
   「神の国は食べたり飲んだりすることではなく、聖霊による義と平和と喜びだからです。」


ホレンコの友2024年1月号    「今年はきっと良い事が」

                         日本基督教団:野幌教会牧師 福島義人

 「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。 わたしの助けは来る 天地を造られた主のもとから。」        (詩編121編1〜2節) 
 

 新年おめでとうございます。
今年はきっと良い事が起こる。そんな思いで新年を迎えるようにしています。憂鬱に過ごす人が聖書の「いつも喜んでいなさい、いつも感謝しなさい」を読み、試しに毎朝、鏡を見て笑顔で始めると、神の恵みにあふれた世界に気付き、なんだか楽しくなって人生が変えられたと聞いたからです。
 以前、北九州に住んでいた頃、作家の三浦綾子さんの夫の光世さんを講演に招いた時、車の助手席に乗せ、門司や関門海峡、対岸の巌流島へ案内をしました。車窓からの景色に、終始「なんて美しい山なのだろう、なんて美しい花なのだろう」と小声で感嘆し続ける光世さんの姿がありました。きっと朝、目覚めた時から、そうして晩年を過ごされたのでしょう。後部座席の元秘書の宮島さんは慣れておられたのか、気にも留めておられませんでしたが、私には先に天に召された綾子さんと一緒に、楽しく豊かに歩まれる歌人・光世さんの祈りを覚えました。
 詩編の著者も、遠くエルサレム神殿への巡礼の旅の途中、年のせいか、疲れを覚え立ち止まります。頭を上げると、神の備えられた恵みに満ちた世界に気付かされ、慰め励ましを受けるのでした。
 孤独な運転の中、偶然、ラジオから流れる聖書の話を聞き、慰めと励ましを受けた方も多いと思います。ホレンコのラジオメッセージの働きです。今年65年を迎えますから、私が生まれた年に始まっています。北米の援助も1980年に終わり、そこからは皆様の祈りと寄付だけで続けられ44年が過ぎます。その維持は本当に大変だったと思います。当時、SONYカセットデンスケを抱えて、北海道中を飛び回って各地の牧師の話を収録する石川和夫牧師の姿を想い出します。
 ホレンコに収録に行くと、骨董的な機材に驚かされます。それを愛おしむように大切に使うスタッフの姿があります。経費を抑えるためでしょうが、どの機材も新しくありません。遠くから録音に訪れる人への交通費も謝礼もありませんが、続けるために関係者の祈りと熱い思いが人々を奮い立たせ、この働きを維持させています。
 新しい年はきっと良い事が起こる。遠くの雪山を見ながら、少しだけ機材のリニューアルができればと思いました。どうぞ皆様、良い一年をお過ごしください。